ダイヤモンドワイヤーソー工法はダイヤモンドワイヤー(スチールワイヤーに工業用ダイヤモンドと金属粉を混ぜあわせ焼結したビーズを数珠状に一定間隔に取り付けた切削工具)を使用し、コンクリート等の切断物に巻きつけ回転させながら張力を利用し切断する工法です。

従来のダイヤモンド工具では工具の大きさに比例した切断しか出来ませんでしたが、ダイヤモンドワイヤーソー工法ではワイヤーの長さを自由に選択できますので、大きな構造物、複雑な形状、水中切断など、多種多様な解体、撤去工事が可能となりました。

また、ダイヤモンド工具を使用することにより騒音、振動、粉塵等の問題も低減出来、ビル、橋、煙突等の改修解体工事等に多く用いられています。