ウォールソー工法はレールをアンカーで固定し電動及び油圧モーターを回転させてダイヤモンドブレードにて道路カッターが使用できない壁や斜面などを切断する工法です。
切断面が綺麗なために改修工事等に多く用いられますが、解体工事等で切断方法を求められる工場内の開口作成や、壁の撤去、階段等の改修にも使われています。

ダイヤモンドブレードを使用することで、曲りのない非常になめらかな仕上がりとなるため、補修の必要がなく、そのまま切断面に建材などを安全に後施工出来ます。