私どもの会社名である「アバンセ」という言葉はスペイン語で『前進』という意味があります。昭和46年、若輩のみぎりで起業した時から現在、そして未来へ向けて我々は常に力強く『前進』して行かねばならないとの信念を込めて名付けました。

当社はダイヤモンド工具を使用した切断工事を施工のベースとし、生活環境の保全を行っております。環境の変化と共にダイヤモンド工具を使用した切断施工は驚くほどの進化を遂げてまいりました。現在地球上の鉱物の中で一番硬いダイヤモンドは、様々な現場で形を変え応用され、土木建築の分野でも新たな機材の登場と共に、様々な切断が行えるようになりました。

当社は常に情報収集に努め、各現場において最善の施工を行うべく事業に取り組んでおります。様々な選択肢を持つことにより、環境に優しく、最も有効で安全な工法を提案し、責任施工を行う、これが私共「カッター・アバンセ」の企業理念であります。

また、災害等の緊急時において、ダイヤモンド工具を使用した復旧施工は過去に様々な実績があり、当社もこれに対応すべく関係機関との連携を行うことにより、社会貢献を念頭においております。

社会生活がある以上、そこには必ず保全が伴ってまいります。的確にニーズを判断し、社会にとって価値のある企業をこれからも目指してまいります。