マンホールの嵩上げの際にマンホール周りをΦ900mm〜Φ1200mmの径の大きさで切断することができる工法です。